銀色の葉

銀明色20171110-33
とお~い~♪とお~い~♪遥かな道~♪~♪銀色の~♪遥かな道~♪・・・・・ふおふお、サボタニ道は、それは遠い遠い遥かな道、昔の名曲でも歌って、気長に歩んで行くしかない、それは分かっていたこと、ふおふお・・・。
で、今回登場したのが、エケベリア属の銀明色です。
色んな植物を思い浮かべても、葉が銀色に光る植物ってある? 私はあまり知らない。たぶん、この銀明色だけ、ではないか、という気がいたします。よく見ると確かに名前のとおり、銀色に光ってます。この光り方は、ハウルチアの光り方とも違う。メキシコ原産の原種のようで、学名がカルニコロル、「肉色の」という意味だけど、この種、葉は肉色ではなく銀色で和名の銀明色の方にぴったり、よく表現してます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント