稀宝の開花

コンクリートの傍で、ほぼ気が付かないほど小さいメセンの稀宝の花、よく咲きました。...

コンクリートから花

コンクリートの僅かな隙間から生えているパンジー、こんな環境でよく花を咲かせています。小さな花だけど、ふと心を引かれます。...

健康茶作り2

温室内で1~2週間も干すと、こんな感じになります。毎年作っていたのが、ドクダミ茶、アケビ茶、ムベ茶、クワ茶など。いずれも当帝国では繫茂しすぎる雑草です。今年は新たに写真の上段のクコ茶を作ってみました。たぶん、美味いはず、でも、まだ分からず、まずかったら、あるいは具合悪くなったりしたら、どないしよう・・・、あまり範囲広げない方が・・・賢明かも、しれません、ふおふおふお・・・...

健康茶作り1

今の季節、太陽が真上に来ており、晴れると温室内温度が50度を越すこととなるので・・・、もうここは灼熱地獄じゃあっ! って、なるけど、しかしここで、社交ダンス、じゃあなかった、車高、斜光、遮光を考える。光を少しばかり遮らないと、サボが日焼けを起こすので、帝国原生林で採集した薬草をサボ棚の上に載せます。こうすると適度の日影が出来るので、大部分のサボには最適環境になるようです。薬草は、この状態で1~2週間位...

荒野に光る花3

瑠璃兜、閉じ掛けた花も撮影してみる。やはり赤い。赤っぽい。これやはり高級品の系統かな、と思う。大事にせねば、ふおふおふお・・・...

荒野に光る花2

瑠璃兜、普通は黄花だと思っていたけど、これはやや赤味が入っているような花です。もしかして、これって相当の高級な赤花兜の系統では? 分からないけど、うちでは初めて見る色彩、お譲り頂いたことに感謝、大事にしようという思いが更に強くなりました。...

荒野に光る花1

この記事は、2018年4月8日有星類カテゴリの記事の続きで、蕾付けた瑠璃兜、一つ目は撮り損なったけど、二つ目はなんとか撮影出来たものです。金属光沢の花が咲く瑠璃兜、ええもん、二つ目でもよく咲かせてくれました。...

地獄の逆さトックリ

最近、オオスズメバチが帝国の庭に出没しているので、困った、困った、という状態でした。以前2016年4月4日の記事で、スズメバチを駆除して、それ以来、スズメバチは出没しなかったのですが・・・・・で、久々に庭木の大幅剪定していたところ、鉢植リンゴの木の枝に、逆さトックリのようなオオスズメバチの巣を発見いたしました。いくらなんでも、こんなので酒飲むわけにもいかんし、ハチ刺されて地獄行きになるのもこころよしとし...

ティーゲリアナ5

ティーゲリアナ咲いた日に、同じく咲いてたサボ集めてみました。大中小集めて、色とりどりの花です。たまに花は対比させて見るのも、なかなかええもんです。...

黄花のロビ

黄花のロビビアは陽盛丸。陽盛丸の名で購入したものではあるけど、以前、帝国にあった正木の陽盛丸とはだいぶ姿が違う。やや黄裳丸に近いような感じです。厳密には陽盛丸ではない。でも、まあええわ・・・・...