fc2ブログ

冬の黄刺

赤刺ばかりでなく、黄刺も載せてみます。王冠竜と金鯱です。でもこれ、冬になったからって、そんなに代わり映えないような感じが・・・・...

冬の赤刺2

刺の美しさでは、この江守系の新刺が最高かな、などと考えています。幼苗の時はよく美しく出ますが、大株になると変わって来ます。ので、これは小さいままでいい。大きくならん方が美しいと思ってます。このまま、このまま、ずうっーと、美しいままで居て下せえ。そう、ずうううっーーとー、あなたは美しいそのままで・・・・...

冬の赤刺1

冬は花も少ないので、ピロサスの赤刺でも載せてみました。赤鳳に似てますが、白い毛刺が多く出ます。左のフェロの刺も多くの赤刺、これもまた、ええ感じ・・・...

白い☆

今の季節、白い星、白星がポツリポツリと咲いてます。白い姿に、白い花、目立たねー、けど。香りは?? 、鼻悪いせいか、よくわかんねー、です。今年は雪少ないから、この白星の白い姿で、満足するべえー、いいや、満足しなくてもいいのだった。いや、満足すべきか。満足に意味ある?? ああー、なんかよく分からなくなって来た、うあああー😵・・・皇帝「いいから、早く引っ込め。」砂漠仙人「あっ、これは皇帝殿。久しぶり。」皇帝「...

温室破れ補修効果

昨年12月に、温室天井の破れを補修いたしました。で、補修前は、最低温度が氷点下1度、補修後は最低温度が3度、となっちまいました。ってことは、もっと早く修理すべきだった、と反省です。(ううっ、涙😢)・・・、サボタニへのダメージはもちろん、ですが、暖房の無駄な電気料金が、かかっておったー、てえことだでー(あうううーあううー、更に涙😂) 温室内暖房には、隙間や破れに常に注意いたしましょう。情けない反省談でした、...

耀きと香りの天女

今の季節、開花したもの、それは帝国をささやかな黄金郷と変えた、このチタノプシス属の天女、素晴らしい・・・。葉は正直言って不気味だけど、花は良い。黄金色に光る花、香りも化粧品のような良い感じ。玉形メセン類、昨年の夏、秋に、大いに枯らしまくったけど、これは生き残った。異常過ぎる気象、最近はもう、無理しない。当地に合うものだけに、栽培を絞って行こう・・・と思う・・・...

玉翁、夜も咲くか

玉翁、いつもは冬に咲くのだけど、異常気象のせいか、今、満開してます。もう驚かない。季節外れでも。他の花木だって、狂い咲きは珍しくないから。しかし、夜まで咲いてるのには驚いた。これだったら、部屋に持ち込んで観賞できるでば。やはり玉翁、ええもん、どれ、ナデナデしてやるべ。ナデナデ・・・、イデデデ、刺有ったの忘れてた😵‍💫。今日もあほんだらですねえ😂、ふおふおふお・・・...

ネオポルの実

今年も生ってしまった、ネオポルの実。あちこちに有るけど、どうする?  蒔けばまた温室内が狭くなる。大きくするのにも、これまた面倒・・・。でも、やっぱり蒔いてみようかな。この系統、冬型でもあるし・・・・...

伸びすぎた悩み3

乾いた用土に挿した後は、水くれない状態で、数週間~1か月位、ほっときます。帝国での特徴は、切り口に消石灰を塗って直ぐ挿すこと、です。これだと、ひと手間で済みます。面倒くさがりのワスには、ぴったしかも、ふおふおふお・・・...

伸びすぎた悩み2

こんなときは、胴切りしましょう。ここ帝国での方法は、ズバット切った後は、消石灰を塗ります。そして直ぐに、乾いた用土に挿します。水はくれません。...