FC2ブログ

偉大な本

砂漠仙人「上の写真はガステリア属の聖牛、臥牛の交配種のようです。姿が良いですね。整った形とても美しいです。後ろにあるのは普通の万年青(オモト)。こうして見ると姿がそっくりで区別がつかないくらいですね、よく馴染んでいます、ふおふおふお・・。聖牛はかなり丈夫で室内にも置けるし、花も咲くし、ほんとにこれ、良い観葉植物です。」皇帝「右のお方は?、と聞きたいところだけど、これまでの数々の登場パターンに慣れてし...

果樹か

右は大鏡の実、左の二つは刺縮団扇の実、右は毎年食してましたが、左は、以前他のブログで美味しいと教えていただいたので、アッシも食してみました。刺とって皮むいて食してみると、甘くヌルヌルしてウメーじゃあないっすか。今まで知らなかったこと反省、教えていただいたこと感謝、もうこれからは果樹としてのカテゴリにしようかな・・・いずれにしてもこのサボも大事にしよおっと。実をいっぱい生らせて食べるのらっ。食べる食...

キウイ追熟す

昨年までキウイがいつまでも酸っぱくて食えず、スッパイスッパイ失敗と言って捨てていましたが、本年ようやく追熟法を知ることができ、やってみました。リンゴと共に発泡スチロール箱に入れて2週間経過・・・、すると皆、甘くなっていました。これ知らなかった自分に反省反省、もっとよく研究すべきでした・・・過去がうらめしい・・・ふおふおふお・・・...

晩秋の花6

ふおふお、忍者の手裏剣かっ! 修羅塔の花は普通五角なのだけど、今回、十字に咲きました。これも奇妙。ガガイモ科の花は奇妙なことばかりです。でも面白い・・・、ふおふおふお・・...

晩秋の花5

阿修羅像の花も咲いてました。綺麗と言うよりは・・ううむ・・・・・地味な感じ・・・でもええ・・・・...

晩秋の花4

ゼブリナの花、やはり綺麗と言うべきか・・・感性の違いかもしれないけど、たぶん綺麗だと思う・・・・...

晩秋の花3

牛角の花、逆光撮影でも綺麗・・・・...

晩秋の花

青空に牛角の花、奇妙花、いや、綺麗なのかも、とにかく、いいですねー・・・...

晩秋の花1

11月も下旬に差し掛かる頃、温室内にはもう花はないだろうと思っていたら・・・、どこからともなくクサイ臭い、ああっ、カガイモ類が咲いている。写真はガガイモ科の牛角、よく臭います。他にもガガイモ科のもの、いくつか咲いてました。...

筋入り実

斑入りの万年青は、花も咲かない実も生らないと思っていたけど、今年初めて実が生ったようです。けど、実まで黄色い筋斑が入っているとは・・・思わなかったのでした。これも今年の異常気象の影響なのかもしれません。とにかく、分からん、分からん・・・・・まあいいか・・・...